保険ニュース

国税庁が節税保険の課税ルールを見直し!どうなる?法人向け保険

国税庁が節税保険の課税ルールを見直し!法人向け保険はどうなる? 法人向けに販売されていた「節税保険」が問題視され、今年に入り国税庁が法人税上の取り扱いを抜本的に見直すことを発表しました。 各社が販売を自粛する中、がん保険の見直しや再販に向けての指針制定が行われています。 多くの経営者が会社のために保険を活用していると思いますが、今回の流れでその活用方法を見直す事になるでしょう。 法人向

外貨建て保険は本当に「お得」なの?相談・苦情が生活センターに殺到の現状。

外貨建て保険は本当に「お得」ですか? 銀行窓口で販売されている生命保険に苦情が増加しているというニュースがありました。特に問題となっているのは外貨建ての保険です。 マイナス金利で円建ての貯蓄性のある保険が相次いで販売停止や内容の変更を行っていき、注目を集めるようになったのが外貨建て保険です。この保険の何が問題となっているのか、基本的な外貨建て保険の知識をまとめたので、これをキッカケに自

認知症高齢者の保険制度を神戸市が補償!神戸モデルの制度説明から認知症対策までを解説

認知症高齢者の保険制度を神戸市が補償!神戸モデルの制度説明から認知症対策までを解説 認知症高齢者の事故に対応するために、神戸市が賠償金を負担したり、認知症診断が出来るように支援制度を整えたというニュースがありました。 この制度は「神戸モデル」と呼ばれ、全国初の制度です。 神戸モデルとは何か、なぜこのような仕組みが出来たのか、また神戸市以外の方が認知症に備えるためにはどうすれば良いのか

日本生命が発売する「まるごとマモル」から考える個人賠償責任保険

ニッセイの個人賠プラン「まるごとマモル」から考える個人賠償責任保険 普段何気なく生活をしていても、自転車で人に怪我をさせてしまったり、お店の物を傷つけてしまったりと実は色々なリスクが存在します。 自分は気を付けていても子供や家族が人に誤って怪我をさせたり、物を壊してしまうかもしれません。そんな時の備えはしてありますか。 今回ニュースで、日本生命とあいおいニッセイ同和損保が共同で個人賠

老後の備えは生活費だけじゃない!家族と考えたい『万が一の備え』

老後の備えは生活費だけじゃない!家族と考えたい『万が一の備え』 超高齢化社会となった日本では、それに伴って色々な問題が浮上してきています。例えば、高齢者で認知症を患ってる人の事故や単身高齢者の孤独死です。 これらの問題を保険でカバー出来るようにしようと、大手の損保保険会社が動き出したというニュースがありました。 (ニュースの内容はこちらです) 高齢化に伴う問題は他人事ではあ

健康増進型保険「バイタリティ」発売!利用者のメリットと注意点

健康増進型保険「バイタリティ」発売!利用者のメリットと注意点 今回、住友生命から健康増進型の保険「バイタリティ」が発売されたというニュースがありました。この保険は発売前から話題となっていたものです。どのようなものなのか、これを活用することで私たちにはどんな効果があるのか見ていきましょう。 住友生命健康増進型保険「バイタリティ」とは 一昔前までは、老後と言えば年金で安心して暮らせる

自分年金で老後の備え!確定拠出年金サービス活用で老後に安心を!

自分年金で老後の備え!確定拠出年金サービス活用で老後に安心を! 最近、確定拠出年金、「iDeCo」や「DC」という言葉を多く聞くようになりました。 しかし、聞いたことはあるけど良く知らないという声も多く耳にします。 2017年に国が制度を整え、認知度を広げる活動を行い始めましたが、実際に制度を活用している人もまだまだ多くはなく、制度を使っていても上手に活用出来ていない人が多いのも問題

2018年から予定されていた医療保険値上げ、各社とも躊躇。背景には保険の価格競争。

2018年から予定されていた医療保険値上げ、各社とも躊躇。背景には保険の価格競争。 ここ数年、保険商品や保険料の改定が色んな保険会社で行われています。 今回は、日本アクチュアリー協会という公益社団法人が算出している「標準生命表2018」が2018年4月から適用になることを受けて、生命保険会社が医療保険を値上げしてくることが予想されていましたが、主要保険会社は予想に反して保険料の値下げや据置