Tweet

HOME » 保険の知識全般 » 保険を上手に使って預貯金する方法

保険を上手に使って預貯金する方法

生命保険や損害保険には、貯金の仕組みがある商品があります。特に、生命保険には面白いものが数多くあり、会社が全く宣伝していないものが数多くあります。貯蓄率でいえば、一番有名なのは学資保険でしょう。日本生命やソニー生命、フコク生命の学資保険は返戻率が高く、120%以上がかなり多く見られます。

fukoku

返戻率とはリターンの率をいいます。利回りのことではありません。例えば125%の返戻率となっていた場合は、100万円を積み立てて、125万円戻ってくるという意味です。ですが、銀行と違うのは、半年複利ではないことです。生命保険は15年、18年、22年などの長いスパンで積み立てて行くのが普通です。0歳の子どもが高校に入学するのは15年後。18年後に大学に入学です。これを辿っていけば、125%の返戻率は1%の利回りに相当します。

15年も待てない、という場合は10年ものの養老保険がよいでしょう。養老保険は100万円預けて5万円ほどリターンがあるのが、各社平均です。ただ、一時払いにするともっとリターンが増えて行きます。

面白いのは終身保険でしょう。普通終身保険は20年ほどで払い方を終えるものにしておくと、その後は毎年どんどんリターンが増えていきます。放っておけば毎年2万円ずつ増えるものもありますし、その増加分は固定ですから、老後の貯蓄にもモッテコイといえるでしょう。終身保険の場合は、終身払いではなく「20年」「55歳」などと掛け金を払う期限のあるものにしましょう。実際にリターンがあるのは、その払いが終わった直後からです。

中には変額終身保険というものもあります。変額保険は「利回りが変動」する商品ですから、確定利回り派にはおすすめできません。が、今後の経済を考えると変動利回りの商品を持つことは、リターンを大きく活かす方法のひとつともいえます。それは、自分自身で利回りを増減できる「仕組みが常にある」こと、だからです。

もう一つは確定利回りの終身保険の「一時払い」です。これは保険会社では全く宣伝していません。保険会社によっては「保険設計しているうちに、偶然こうなった」という高利回り商品が出来てしまいます。50歳程度の人が120万円以上の保険料を一括で支払います。3年ほど経つと、年々2万円ほど解約返戻金が増額されます。これは保険会社に自由設計してもらうことで、わかりますので、代理店ではなく直接保険会社の担当者に聞くのがよいでしょう。

保険料の節約も貯蓄の一つだと言えます。

保険料の節約、といえば大概の方は「毎月の保険料をリストラすること」と考えがちです。中には、保険そのものを 断捨離 というケースもありますが、これでは本末転倒。万が一の際のセーフティネットは、国の制度・都道府県の制度・市町村の制度・企業の制度、そして最後に個人の自己責任で行われ、そのための道具が「生命保険」と言えるのです。

さて、保険料を節約したい…これは大前提として「必要な保険には加入し、不要なものは加入しない」ということだけでなく「保険に加入することで、貯蓄も一緒に行ってしまおう」という意味も含まれている、ということを抑えましょう。

生命保険について、ここでは「死亡保障」だけを見ていきます。死亡保険金が3,000万円の保険があなたの前に3つ用意されています。まず「31歳から60歳まで」保険料を支払う、という共通点があります。 3つの保険の中で、一番掛け金が安いのは「定期保険」。仮に、毎月の保険料は8,000円としておきましょう。死亡保険金3,000万円、30年間だけの保障で、掛け捨て型です。この場合288万円程度支払えば、この期間内に死亡保険金が3,000万円受け取れます。

次が「終身保険」。毎月の掛け金は5万円、30年間の支払い総額は1,800万円で、死亡保険金額は3,000万円。ただし、一生涯保障は3,000万円です。 最後が「養老保険」。毎月の掛け金は8万3千円程度で、死亡保険金は3,000万円。

さて、この中で一番高い保険はどれでしょうか?だれでも「養老保険」と答えるでしょうし、一番安いのは「定期保険」と答えるでしょう。

ところが、この3つは別の顔を持っていることをご存知でしょうか?

条件は「60歳になった時点で生存していた」ケースです。 定期保険3,000万円の場合、もし60歳で「生存」していた場合、288万円は戻ってきません。つまり、掛け捨てになってしまいます。

ところが、終身保険の場合は1,800万円支払って、60歳前後で解約すると1,850万円、そしてそのまま「寝かせておく」と、解約返戻金が毎月どんどん増えていきます。つまり、1,800万円支払って、1,900万円、1,950万円と貯蓄が出来上がっているのです。

養老保険の場合は、基本的に死亡保険金と満期保険金は同じ金額です。が、実際には満期保険金額は3,000万円よりも少なくとも50万円以上多くなっています。つまり、この場合も積み立てしながら、生命保険は「タダ」ということになるのです。

ここまでのお話で、皆さんはどう思われたでしょうか?単純に生命保険の掛け金を安くしたいなら、定期保険が最適。ですが、万が一支払われる生命保険金を「タダ」で手に入れ、その代わり毎月数万円もの掛け金を貯蓄として払い込む…終身保険と養老保険なら、実は一番保険料を安くすることになるのです。 なかなか文章ではお伝えにくい部分がありますので、この次はぜひプロの保険FPから説明を受け、生命保険の醍醐味を知ってから、加入することをオススメします。

こちらの記事もおすすめ
  • 貯蓄型保険のランキング!一括払いが人気? 貯蓄型保険のランキング!一括払いが人気?
    貯蓄型保険のランキング!一括払いが人気? 資産運用や貯蓄を検討している方へ。保険も手段の一つとして検討してみてはいかがでしょうか?超低金利のこの時代... 11,526ビュー
  • 第一生命保険の種類。口コミで人気 第一生命保険の種類。口コミで人気
    第一生命保険の種類はいろいろ align="left" />第一生命保険は古くから知名度も高い保険会社。様々な保険商品があります。 align="... 2,870ビュー
  • 医療保険の生存祝い金特約とは?メリットデメリットを解説 医療保険の生存祝い金特約とは?メリットデメリットを解説
    医療保険の生存祝い金特約とは?メリットデメリットを解説 医療保険における生存祝い金特約のメリット、デメリット。つけるべきかどうかを見当します 医療保険... 1,980ビュー
  • かつて養老保険という金融商品がお得でした かつて養老保険という金融商品がお得でした
    かつて養老保険という金融商品がお得でした養老保険とは、保障と貯蓄機能の両方が合わさった保険です。養老保険は保険期間が定まっており、例えば30年間の保険... 1,252ビュー
  • 保険外交員が教える、保険で失敗する人の特徴 保険外交員が教える、保険で失敗する人の特徴
    保険外交員が教える、保険で失敗する人の特徴日本では多くの人が生命保険に加入していますが、保険で失敗する人も多いのです。保険で失敗する人の特徴として、ま... 1,039ビュー
  • 医療保険に通院保障特約を付ける必要性はあるのか? 医療保険に通院保障特約を付ける必要性はあるのか?
    医療保険に通院保障特約を付ける必要性はあるのか? 年々進化している医療保険の特約 病気やケガで入院した時には、入院給付金として1... 776ビュー
  • がん保険は損保ジャパンに人気が集まっている? がん保険は損保ジャパンに人気が集まっている?
    がん保険は損保ジャパンに人気が集まっている?がん保険のシェアは圧倒的に外資生保であるアフラックが優勢でした。ところが、最近では日本の損害保険会社が合併... 624ビュー
  • 保険で失敗したという例を挙げてみよう 保険で失敗したという例を挙げてみよう
    保険で失敗したという例を挙げてみよう!ちょっと知り合いの保険会社に勤めている人に自分の保険を見直してもらったときに、保険の失敗例を聞いたので、みなさん... 579ビュー
  • 入院保険のフェミニーヌが非常に人気~ひまわり生命の評判と口コミ、保険料 入院保険のフェミニーヌが非常に人気~ひまわり生命の評判と口コミ、保険料
    入院保険のフェミニーヌが非常に人気になっていますよ!貯蓄の楽しみはやはり「満期」です。無計画に「今月は1万円余ったから定期にいれておこう」ということで... 524ビュー
  • 保険代理店の今後は?2015-2016以降の展望 保険代理店の今後は?2015-2016以降の展望
    保険代理店の今後は?2015-2016の展望。ここ数年の間にショッピングモールで保険代理店(保険ショップ)が随分と増えました。またネットでは保険相談の... 504ビュー
  • 貯蓄型では返戻率が重要になります。 貯蓄型では返戻率が重要になります。
    貯蓄型では返戻率が重要になります。学資保険や養老保険の場合、「返戻率」というポイントで加入するとよいでしょう。銀行の定期預金は「金利」表示が普通で、「... 468ビュー
  • 保険外交員は昔から嫌われてしまう。FPはどう? 保険外交員は昔から嫌われてしまう。FPはどう?
    保険外交員は昔から嫌われてしまう。FPはどう?近所の人を集めて保険の話をしたり、キャンペーンがあれば勧誘をして。最近じゃ、「保険に加入をさせたいんでし... 387ビュー
  • 養老保険の上手な選び方 養老保険の上手な選び方
    養老保険の上手な選び方を紹介します。養老保険とは積立目的の生命保険です。その保険期間は10年15年20年と長期にわたり、その使い方は非常に多岐にわたっ... 350ビュー
  • イオン銀行の保険相談が人気? イオン銀行の保険相談が人気?
    イオン銀行の保険相談が人気?大規模店舗ではイオン銀行の窓口カウンターが置かれ、ここでは保険商品を扱い始めています。クレジット、預金、住宅ローン、電子マ... 344ビュー
  • 女性特有の病気って何がある? 女性特有の病気って何がある?
    女性特有の病気って何がある?女性特有の病気になった場合の保険ってありますよね。乳がん、子宮系の病気は想像しやすいですが、実際に女性特有の病気って何があ... 317ビュー
  • HOME » 保険の知識全般 » 保険を上手に使って預貯金する方法

    «
    »