Tweet

HOME » おすすめの保険相談FPサイト » 生命保険は相続税対策として非常に有効!専門FPに相談

保険マンモス公式サイト(※クリック)

生命保険は相続税対策として非常に有効です

相続税の敷居が低くなった…といわれている、平成27年1月1日改正の基礎控除。新聞や経済雑誌などでは、相続税が「上がる」という書きかたで、情報提供をしていましたが、実際にはどの程度の遺産を手にする人が納税することになるのかは曖昧でした。それもそのはず、相続税とは「相続という事実」がやってきて、はじめて分かる税金です。自分の親が亡くなったことで、その遺産を相続する人が大部分なのですが、それは「現金」や「株券」「国債」「社債」や「土地家屋」など、様々なものが含まれます。その中で、現金は別として株券はその時点での「価値」が変化します。そして、土地の場合は「路線価」といったものから評価額を決定していきますから、相続時点での納税額は、1年前でも5年前でも、20年前でも確定した数字はわからないのです。

ですが、簡単に相続税についての数式を説明してみましょう。
相続税は基礎控除があり、3,000万円です。これに被相続人1人につき600万円が控除されます。ですから、仮に父が亡くなった場合で、母と子供2人が遺産を相続する場合は、

3,000万円+600万円×3人(法定相続人の数)=4,800万円

つまり、相続財産から4,800万円が差し引かれるわけです。ただし、配偶者控除があることから、上の例では仮に2億円の遺産があったとしても、母はその半分の1億円を受取っても納税はありません。問題はその後に母が亡くなった場合の相続です。この場合は子供2人が相続する際は配偶者控除はありませんから、母親の遺産が膨らんでいた場合、もろに相続税が降り掛かることになるのです。これを2次相続といい、対策を立てるならば早い方がよいのです。
生命保険の相続税対策としては、終身保険に加入するのが鉄則です。定期保険はいつか保険終期を迎えますが、終身保険ならば長期間保険金を受取る時期を確保できるのです。そして、生命保険金には非課税限度額があります。これは法定相続人の数×500万円ですから、子供2人の場合は

500万円×2人=1,000万円

となるのです。つまり、生命保険金が5,000万円だとすると、相続財産として計算されるのは、4,000万円となります。現金で5,000万円を残す場合は全く控除額はありませんので、お得なのです。そして、子供が複数いる場合は、相続財産の額や土地の内容でもめることが少なくありません。そこで、等しく1,000万円、5,000万円…と保険金受取人を子供たち個人の名前で指定してしまえば、丸く収まるケースが多いのです。

保険マンモス公式サイト(※クリック)

生命保険で相続税対策、保険マンモスの専門相談が人気!

株価が上昇、土地の値段も上がり、知らない間に資産価値が高くなってしまうことがあります。数年前に比べて10倍以上も値上がりしてしまう株価で、数千万円から数億円にも及ぶ含み資産を抱える人も増加しているのです。
特に最近は証券会社やネット市場で購入する株式以外に、自社株といわれる小規模企業のオーナーの持株が、非常に高騰するケースが非常に多くなっています。自社株とは、20年、30年前に設立した企業の株価が、ひと株数十万円にもなることがあるのです。

創業時は3人、5人ではじめた会社も、50人・100人と規模が大きくなり、増資を繰り返して資本金も大きくなっていくうちに、創業者の株式数が数百から数千、数万株と増えてしまうことが結構多いのです。夫婦で会社経営を行い、夫が代表取締役で妻が専務、子供が常務などの管理職についている場合、会社の継承という問題が大きく立ちはだかります。

経営権を確実に握るには、持株数の過半数を相続しなければなりません。これはあくまでも個人財産ですから、もし創業者の両親が亡くなった場合は、現金でこれを買い取らざるを得ないのです。もし、これを生前に譲渡してもらう場合は、贈与税という税金が発生しますが、その際もやはり現金で納税しなければならないのは自明です。

現在は1円でも株式会社設立が可能。ですが、以前に設立された会社は1,000万円の資本金が必要でした。有限会社でも300万円(現在は有限会社はすべて株式会社に移行しています)。こうした企業オーナーが大企業の経営者よりも多くの資産を抱えているのが、日本の実態なのです。
保険外交員はこうした会社経営者とのつながりを持つことで、経営者の厚い信頼を得ることが非常に増えています。そもそも保険外交員は様々な人々の人生に触れることが多く、そのための勉強も欠かせないのです。FPの肩書きを持つにはかなりの勉強量を必要とします。そして、実際に企業承継のアドバイスや、適任となる税理士、弁護士を紹介することもあるのです。

相続問題は会社経営者だけでなく、個人の財産をめぐる問題にも大きく関わります。それは決してお金の金額の大小と問わないのです。自分の死後に起こる問題を想定するのは難しいのですが、保険マンモスのFPクラスにもなれば、実際に経験している相続、そして相続税対策も、非常に理にかなったものになるでしょう。経験のあるFPにこそ、問題を解決してもらうのが一番です。

保険マンモス公式サイト(※クリック)

相続税の税法改正、相続税を気にするのはお金持ちだけじゃなりなりました

アベノミクス、株価の上昇にベースアップ…経済新聞を読まなくても、日本の景気が10年前、20年前とは変わって来たことに気がつかない人はいないでしょう。確かに、自分が勤務する企業業績が良くなり、収益が上がったところもあるでしょうが、一方で消費税増税や、環境に関する特別税制で、減益の会社も少なくありません。
では、個人ベースでの景気感はどうでしょうか?30代、40代、50代の現役世代にとって、現在の収入の増加と、同居する子供の教育費の増加、あるいは親の健康状態によっては介護など様々な出費が、将来を不安にさせているのも事実。つまり、現代社会はどの世代も「今の収入」を確保しながら「将来の収入」にも目配りしなければならなくなったのです。

さて、平成27年1月1日より施行された、改正相続税と贈与税。これは近年にない大きな反響を呼んでいます。まず、相続税ですが、基礎控除が減額されたことが一番のポイントでしょう。

もし、資産を遺産として貰う場合、相続することになりますが、相続税がかかる範囲の資産は1億、2億以上といった財産に限られる…と考えられていました。それも、多くは資産のある男性の没後、その妻は「配偶者控除」があるため、無税。つまり、相続財産の半分は無傷で残り、残りの半分を子供たちが分与された後で相続税を納める、という点に絞られます。

相続税の基礎控除は、今までは5,000万円。そして法定相続人の数×1,000万円が加算されていましたから、相続人が4人(妻、子供3人)の場合は9,000万円あったことになります。ところが、今回の改正では基礎控除が3,000万円、そして法定相続人数×600万円に変更になりました。上記の場合は9,000万円が5,400万円になってしまったわけです。

問題なのは、二親とも亡くなってしまった場合は配偶者控除はありませんから、子供たちが基礎控除と法定相続人×数ぶんの控除だけになってしまいます。そして、十数年安値で推移していた路線価(土地の値段)や株価などが急激に上昇し始めていることから、その評価額も当然値上がりしていることに注目しなければならないのです。

バブル時代を知る人は、相続税の怖さを知っているはずでしょう。現金だけではなく、土地や有価証券の資産価値が数千万円以上ある場合、確実に相続税が掛かってきます。誰に相談すべきか、それこそFPに前もって聞いておくべきでしょう。生命保険には、こうした遺産を圧縮できる合法的な控除策があります。ぜひ、活用しておきましょう。

保険マンモス公式サイト(※クリック)

こちらの記事もおすすめ
  • ほけんの時間でJCB商品券6,000円もらえる?口コミと評判について ほけんの時間でJCB商品券6,000円もらえる?口コミと評判について
    align="left" />2017年4月、金融庁の指導により商品券は全社NGになりました。 ほけんの時間も同じく。現在唯一、商品バックをしている... 3,284ビュー
  • 保険スペースでの商品券8000円ページが人気! 保険スペースでの商品券8000円ページが人気!
    保険スペースでの商品券ページが人気!保険スペースのような会社が、「生命保険FP」と呼ばれる、個人代理店をたくさん登録し、顧客がアクセスした段階で、近隣... 2,604ビュー
  • 保険マンモスのキャンペーンで5000円の商品券! 保険マンモスのキャンペーンで5000円の商品券!
    保険マンモスのキャンペーンで5000円の商品券!保険マンモスのキャンペーンに人気が集まっています。保険の無料相談を保険のプロであるFPに依頼した上に商... 1,189ビュー
  • 生命保険ドットコムの保険相談の口コミ~商品券7000円貰えます 生命保険ドットコムの保険相談の口コミ~商品券7000円貰えます
    生命保険ドットコムの保険相談の口コミ。商品券はもらえる?生命保険ドットコムのような代理店の人たちとの違いはたったひとつ、それは「自社の保険商品だけを扱... 645ビュー
  • みんなの生命保険アドバイザーの評判と口コミ、商品券5000円貰える みんなの生命保険アドバイザーの評判と口コミ、商品券5000円貰える
    みんなの生命保険アドバイザーキャンペーンなら保険相談で7000円貰える!彼らは、元は生命保険の保険外交員であり、一社に所属するよりも多くの会社の商品を... 411ビュー
  • 保険相談商品券ランキング2016-2017 保険相談商品券ランキング2016-2017
    align="left" />2017年4月、金融庁の指導により商品券バックは全社NGになりました。 現在唯一、商品バックをして... 183ビュー
  • 保険マンモスなら保険相談で5000円貰える! 保険マンモスなら保険相談で5000円貰える!
    保険マンモスなら保険相談で7000円貰える!単なる保険FPではなく、それも保険を売ることのプロ中のプロである『MDRT』(年間の保険料収入が世界基準以... 135ビュー
  • 保険の選択なら保険相談でギフト商品券3000円貰える! 保険の選択なら保険相談でギフト商品券3000円貰える!
    保険の選択なら保険相談でamazonギフト券7000円貰える!「保険FP」(ファイナンシャルプランナー)を紹介するサイトです。きちんと情報を持った外交... 118ビュー
  • 保険ランドリーでギフト券がもらえる?評判と口コミ 保険ランドリーでギフト券がもらえる?評判と口コミ
    保険ランドリーでギフト券がもらえる?評判と口コミ 新しい無料保険相談サービスである保険ランドリーですが、そのサービスにはどのような特徴があるのでしょう... 117ビュー
  • 保険ゲートのキャンペーンなら保険相談で5000円貰える(※現在終了)!評判良いです。 保険ゲートのキャンペーンなら保険相談で5000円貰える(※現在終了)!評判良いです。
    保険ゲートなら保険相談で5000円貰える!保険に即加入しなければならない、ということもありません。それよりも、保険ゲートに登録しているFPが、保険の説... 108ビュー
  • sbiの確定拠出年金はおすすめできる商品?口コミや評判をFPが分析! sbiの確定拠出年金はおすすめできる商品?口コミや評判をFPが分析!
    sbiの確定拠出年金はおすすめできる商品?口コミや評判をFPが分析!w 1. 確定拠出年金とは? サラリーマンの方で会社に入社し... 108ビュー
  • 保険アドバイザーズで商品券やギフト券get?受付窓口の紹介 保険アドバイザーズで商品券やギフト券get?受付窓口の紹介
    保険アドバイザーズ相談受付窓口 保険アドバイザーズで商品券が貰える? 「保険アドバイザーズで無料相談を受けると3,000円の商品券がもらえる!」と宣伝... 104ビュー
  • ほけん百花の評判と口コミを探る ほけん百花の評判と口コミを探る
    ほけん百花の評判と口コミを探る 最近増えている店舗型の保険販売 ここ最近、どの街に行っても必ず1店舗はあるのではないかと思うほど、非常... 103ビュー
  • 保険相談で商品券がもらえるのはあなたのFP 保険相談で商品券がもらえるのはあなたのFP
    保険相談で商品券がもらえるのはあなたのFP!あなたのFPは保険会社からの契約手数料で相談活動が行われています。各保険会社から契約手数料をいただくと同時... 79ビュー
  • 大人の自動車保険の評判~40代50代はホントにお得? 大人の自動車保険の評判~40代50代はホントにお得?
    保険スクエアbang!一括見積もりキャンペーンページ大人の自動車保険の口コミ40代50代はホントにお得?セゾン自動車火災保険が運営している大人の自動車... 78ビュー
  • HOME » おすすめの保険相談FPサイト » 生命保険は相続税対策として非常に有効!専門FPに相談

    «
    »