Tweet

HOME » 生命保険 » 相続税の生命保険の死亡保険金非課税枠を解説します

相続税の生命保険の死亡保険金非課税枠を解説します

亡くなった方の資産を相続する時にかかる税金「相続税」とは?
日本で暮らしていると、様々な時に様々な税金がかかっている事を感じるかと思います。物を買った時にかかる税金である消費税、収入を得た時にかかる税金である所得税、家やマンションなどを持った時にかかる税金である固定資産税、車を持った時にかかる税金である自動車税など、生活の中で税金は常に身近に存在しています。その税金の1つとして、誰かが亡くなった時にその方の資産を相続しようと思った時にかかる税金として相続税があります。

生きている間に資産を受け取った場合には贈与税という税金がかかりますが、亡くなった後に資産を受け取ろうと思った場合には相続税という別の税金がかかってくるのです。
相続税は2015年1月に大きな改正がありました。それまでは相続税を支払う対象の方は一定の資産を持っている方のみでしたが、相続税の改正により相続税を支払わなければいけない対象の方は大幅に広がりました。
今回はこの相続税と相続税に関わる生命保険についてご紹介していきます。

相続税がかかる対象とは?相続税の計算方法は?

誰かが亡くなった時に、その方の資産を受け取ろうと思った場合にかかってくる税金が相続税であると先ほど紹介しましたが、では実際に相続税がかかる対象となる資産にはどのようなものがあるのでしょうか。はじめに、相続税の対象となる資産について見ていきましょう。
相続税の対象となる資産は主に以下が挙げられます。

・不動産(土地、建物、借地権など)
・動産(車、家財、骨董品など)
・現金・預貯金
・有価証券(株式、国債、投資信託など)
・債権
・会員権(ゴルフクラブ会員権、リゾートクラブ会員権など)
・無体財産権(特許権など)
・その他金銭的価値の有するものすべて
・生命保険金、死亡退職金など

つまり、金銭的な価値があるものはすべてが相続税の対象となるという事になります。
また相続には、一部のみを相続するという事を選ぶことは出来ません。つまり、上に挙げた中で不動産・現金・預貯金などは相続するが、債権は相続しないといった選択をする事は出来ないのです。すべて相続するか、もしくはすべて相続しないかのどちらかとなります。(相続の「限定承認」という方法もあり、この場合は相続するプラスの資産の分だけマイナスの資産を相続する形となります)
では、これらの資産を相続しようと思った場合、相続税はどれくらいかかるのでしょうか。
相続税の計算方法について見ていきましょう。
はじめに相続税は、受け取る資産の総額の全部に対して税金がかかるわけではありません。「基礎控除」と呼ばれる控除によって、はじめに相続資産の一部を税金の対象から差し引くことができるのです。
相続税の基礎控除と相続税の課税資産額の計算式を見てみましょう。

相続税の課税資産額=相続資産の合計‐基礎控除(3,000万円+600万円×法定相続人の数)

このような計算式となります。
冒頭にご説明したとおり、この「基礎控除」が2015年1月に大きく改正されました。2014年まではこの基礎控除の計算式は「5,000万円+1,000万円×法定相続人の数」でした。つまり、資産の総額から相続税の計算のために差し引ける非課税の金額が大きく減ったのです。これにより相続税を支払わなければいけなくなった家庭が大幅に増えることになりました。

死亡保険の非課税枠などの具体例

例を用いて具体的に見てみましょう。
一家の父親が亡くなり、資産を相続する方が3人(母親、子供2人)の場合、基礎控除額は3,000万円+600万円×3人=4,800万円となり、相続資産のうち4,800万円分は相続税の課税対象から差し引いてくれます。つまり、相続する資産の総額が4,800万円未満の場合は相続税は0円、4,800万円以上の資産を持っている場合のみ相続税がかかるという事になるのです。
これが2014年までは5,000万円+1,000万円×3人=8,000万円であったため、資産の総額が8,000万円未満の場合の相続税は0円、8,000万円以上の資産を持っている場合のみ相続税がかかっていました。相続税の改正により、上記の例では4,800万円以上8,000万円未満の資産を持っている方が新たに相続税を支払わなければいけない対象となったのです。

では今の相続税の計算式より、4,800万円以上の資産を持っていた場合、相続税はどれくらいかかるのか見てみましょう。
まずは相続税の税額速算表をご覧ください。

相続税の生命保険の死亡保険金非課税枠を解説します

上の表をご覧いただくと分かるように、資産の総額によってかかってくる相続税の税率が違うのです。資産が多いほど、相続税の税率は高くなっていきます。
先ほどの例で亡くなった方が1億円の資産を持っていた場合、残された遺族3人が資産を相続しようと思った場合に、以下の相続税がかかるという事になります。

1億円‐(3,000万円+600万円×3人+700万円)=4,500万円
4,500万円×20%=900万円

このように、1億円の資産を相続しようとすると、900万円の相続税がかかるということになります。

生命保険の死亡保険金の非課税枠とは?

上記の場合、遺族が資産を相続しようとした場合に900万円の相続税がかかってしまうのですが、遺族が相続税に900万円も支払うのはかなり難しいかと思います。
実は、先ほどご紹介した相続税の非課税額とは別に、実は生命保険会社の死亡保険金も相続税の非課税として利用出来るのです。

生命保険の死亡保険金の非課税とは、亡くなった方が生命保険に加入しており、死亡保険金が支払われる場合に、一定の金額までは税金がかからず残された遺族に支払われるというものです。
生命保険の死亡保険金の非課税枠の計算式は以下のようになっています。

法定相続人の数×500万円に相当する額

先ほどの例を見てみると、1億円の資産を持っている父親の資産を相続しようと思った場合、1,350万円の相続税がかかっていました。これに対して、父親が生命保険で1,500万円の死亡保険金をかけた場合、父親が亡くなった時に1,500万円が遺族に支払われます。この1,500万円の死亡保険金があれば相続税の1,350万円が支払えるため、父親の残した資産を相続することが出来るのです。

まずは資産の総額を計算して計画的な相続をしましょう
冒頭にご説明した贈与税であれば、資産を譲渡する方がまだ生きている間のため、比較的容易かつ計画的に資産の譲渡がされますが、相続は資産を譲渡する方が亡くなった後のため、なかなか計画的に対策がされない、後回しになった結果、対策をする前に亡くなってしまい、遺族は資産を相続できなかったというケースが非常に多くあります。誰もが自分がいつ亡くなるかは分かりません。分かっていればそれまでに対策をすれば良いですが、もしかしたら明日亡くなってしまう可能性も0ではありません。

もし今現在資産を持っていて、遺族に資産を相続させようと思った場合に相続税がかかるかもしれないと思う方は、ぜひ一度専門の方に相談し、資産の総額を算出し、相続税はどれくらいかかってしまうのかを見積もり、その対策として生命保険の死亡保険金を活用し、また死亡保険金で相続税の支払いが足りないのであれば、今からでも贈与税のかからない範囲で資産を贈与される事をお勧めします。贈与税は年間の贈与額が110万円未満の場合は非課税です。毎年110万円未満の資産を贈与すれば非課税で資産を遺族に譲渡する事ができますので、計画的に相続対策すると良いでしょう。後々になって困ってしまうのは自分自身ではなく残された遺族ですので、遺族のためにも早めの対策を心がけて下さい。

こちらの記事もおすすめ
  • プルデンシャル生命保険の口コミや評判 プルデンシャル生命保険の口コミや評判
    プルデンシャル生命保険の口コミや評判。 10,145 views
  • メットライフ生命の評価、終身保険や医療保険が人気です。 メットライフ生命の評価、終身保険や医療保険が人気です。
    メットライフ生命の評判旧名称「アリコ」で有名だったアメリカ系の生命保険会社が、メットライフ保険に買収されて現在の社名に変更、2014年7月からメットラ... 8,934 views
  • 保険外交員が教える、保険で失敗する人の特徴 保険外交員が教える、保険で失敗する人の特徴
    保険外交員が教える、保険で失敗する人の特徴日本では多くの人が生命保険に加入していますが、保険で失敗する人も多いのです。保険で失敗する人の特徴として、ま... 6,482 views
  • かつて養老保険という金融商品がお得でした かつて養老保険という金融商品がお得でした
    かつて養老保険という金融商品がお得でした養老保険とは、保障と貯蓄機能の両方が合わさった保険です。養老保険は保険期間が定まっており、例えば30年間の保険... 6,382 views
  • みんなの生命保険アドバイザーの評判と口コミ、商品券5000円貰える みんなの生命保険アドバイザーの評判と口コミ、商品券5000円貰える
    みんなの生命保険アドバイザーキャンペーンなら保険相談で7000円貰える!彼らは、元は生命保険の保険外交員であり、一社に所属するよりも多くの会社の商品を... 6,306 views
  • 一時払い終身保険のランキングを見る。三つ基本形。どれが人気? 一時払い終身保険のランキングを見る。三つ基本形。どれが人気?
    一時払い終身保険のランキングを見る。三つ基本形。どれが人気? 生命保険の3つの基本型とは? 生命保険の話しを一度は聞いたことがある方は、生命保... 5,108 views
  • 三井住友海上あいおい生命保険の評判、デメリットはある? 三井住友海上あいおい生命保険の評判、デメリットはある?
    三井住友海上あいおい生命保険の評判、デメリットはある?三井住友海上あいおい生命保険は使いやすい安心できる保険会社です。利用者が満足するサービスを多く持... 4,470 views
  • 生命保険ランキング~20代編。どういう備え、どういう商品が人気 生命保険ランキング~20代編。どういう備え、どういう商品が人気
    生命保険ランキング~20代編。どういう備え、どういう商品が人気「まだまだ元気だから」と生命保険の必要性を感じていない人がいる一方、20代ともなると社会... 3,206 views
  • 楽天生命の評判、ロング型が人気?? 楽天生命の評判、ロング型が人気??
    楽天生命の評判、ロング型が人気?? インターネット通販で有名な「楽天」グループの保険会社「楽天生命」とは? 皆さんは、インターネットで... 2,673 views
  • 第一生命の終身保険の商品内容をレビュー、口コミや評判をFPが分析 第一生命の終身保険の商品内容をレビュー、口コミや評判をFPが分析
    第一生命の終身保険の商品内容をレビュー、口コミや評判をFPが分析 【はじめに】 様々な保険商品が流通していますが、第一生命のCMは20... 1,460 views
  • オリックス生命保険で注目のポイント、評判と人気 オリックス生命保険で注目のポイント、評判と人気
    オリックス生命保険で注目のポイント、評判と人気通信販売やインターネット販売に力を入れていてるオリクッス生命は経費削減が徹底し全体的に保険料は安いです。... 1,440 views
  • 女性の生命保険、おすすめの選び方 女性の生命保険、おすすめの選び方
    女性の生命保険、おすすめの選び方 生命保険には女性特有疾病が対象になっていたり、女性ならではの特典があるというような女性専用の生命保険が販売されてい... 1,281 views
  • 生命保険の団体扱いとは? 生命保険の団体扱いとは?
    生命保険の団体扱いとは?住宅を購入された方なら、ローン契約の際に団体信用生命保険に加入されているのではないでしょうか?住宅を買う際に必要なのは、万が一... 1,269 views
  • 持病で保険に入れない?入れるものもあります。 持病で保険に入れない?入れるものもあります。
    持病で保険に入れない?入れるものもあります。持病で保険に入れない?入れるものもあります。「糖尿病で治療中で、生命保険に入れなかったんです…」、これは実... 1,259 views
  • 貯蓄型生命保険はかんぽや日本生命が人気?選び方を考える 貯蓄型生命保険はかんぽや日本生命が人気?選び方を考える
    貯蓄型生命保険はかんぽや日本生命が人気?選び方を考える 貯蓄として利用できる生命保険 今の日本は「低金利時代」と言われています。銀行にお金を預... 1,213 views
  • HOME » 生命保険 » 相続税の生命保険の死亡保険金非課税枠を解説します

    «
    »