Tweet

HOME » 保険の知識全般 » 新婚保険のおすすめ。まずは抑えたいポイント

新婚保険のおすすめ。まずは抑えたいポイント

初婚年齢が男女とも30歳付近という時代、新郎も新婦もそれぞれ個人保険に加入しているケースが多くなりました。特に共働きの場合は「職場結婚」でもない限り、同じ会社の同じ外交員から保険に加入している、ということはまずあり得ません。

生命保険の加入率が高いとはいえ、日本にある生命保険会社の数は40数社。主要な上位20社だけを取ってみても、保険市場の過半数を制している会社は存在しません。日本はそれだけどの保険会社も頑張って営業していることがわかるでしょう。


さて、新婚夫婦の場合、まず考えなければならないのは「自分が持っている保険の確認」です。特に多いのが「結婚したのだから、保険を新しくしよう」という考え方。これは本当に正解といえるでしょうか?実は結婚を期に保険を買い替える、乗り換えるというのは積極的に行うべきではありません。

確かに、最初に保険加入したときは、外交員に勧められるまま加入してしまう人がほとんどです。あるいは、親が自分の名前で加入していたものを引き継ぐ人、あるいは保険そのものに無加入の人もいるでしょう。ですが、結婚というイベントは保険会社の外交員にとって「新たな契約のチャンス」と捉えられていることも忘れてはなりません。

まず、共働きの場合はお互いの保障金額と保障期間の書かれた設計書、証券をしっかり2人で確認することです。もし、二人とも働き続けて収入を得るのなら、相手に保険金を残す必要がないかもしれません。問題は、保険証券にある「契約者」「被保険者」「保険金受取人」の確認です。

契約者が親ならば、その保険の手続きは親が行うもの。ですから、自分が契約者に変更しておかないといけません。その次に、保険金受取人が親になっている場合が多いですから、これを配偶者に変える必要があります。

契約者が奥様、被保険者が奥様という保険があるとします。この場合、無理に契約者をご主人にする必要はありません。保険は契約者が手続きを行います。もちろん、契約者が死亡してしまった場合、受取人しかいないケースでは保険会社は受取人の口座に保険金を支払いますから、問題はありません。

奥様の保険は奥様が契約者、被保険者であり、ご主人の保険はご主人が契約者で被保険者という具合にしておけば、各々がお互いにいくら残せるのか、あるいは貯蓄としてどの位使えるかが確認できます。保険会社も別々でも構わないのです。要は、今まで加入していた保険がこれからもライフスタイルに合っていれば、そのままで構いません。

新婚の時に加入する保険、どんなポイントを抑えるべき?

新婚の保険について、少しずつお分かりになってきたところで、実際にどのような保険商品にすべきか、ポイントをいくつか知っておきましょう。

まずは、夫婦お互いが「すでに加入している保険」を生かす、という方法です。上記で既に契約している保険を直ちに見直す必要はない…と書きましたが、その理由はご夫婦の将来を考えてじっくりと見直すべき、ということが基本だからなのです。

よく「この保険は古い時代の商品ですから、この際新しくしましょう」という外交員が声を掛けて、解約させてしまうことがあります。ですが、保険には「古い」「新しい」もありません。むしろ古いほうが掛け金(保険料)も安く、貯蓄型ならば利息(金利)も付いてお得なものも、少なくないのです。

新婚の場合、まず「保険が必要?」なのかどうかを、よく考えましょう。自宅は持ち家なのか、既に購入してローンを払い続けているのか。親と同居なのか、これから2世帯住宅を購入する予定があるのか。あるいは転勤の可能性があり、借家暮らしを続けるのか、とご夫婦のお互いの状況をよく確認します。

もう一つは、新婚といえども「子育て中」、あるいは「出産間近」というケースです。2人でスタートする新婚生活もあれば、3人で、4人でスタートという場合もあるでしょう。そうしたケースでは万が一のケースで「死亡保障」がなければ困る、ということも現実に起こり得ます。

また、奥様が看護師、ご主人が飲食店経営といったケースでは、奥様は固定給があり、ご主人の収入は景気に左右される場合もあります。時には奥様のほうが収入が多かったり、自営業のご主人は店舗を増やすために銀行から借り入れをしたり、とお金の貯め方・借り方にも一工夫が必要な場合もあるでしょう。

その場合、奥様の保険金を多くして、ご主人の保険は貯蓄性のあるものにする、ということもよいでしょう。ご夫婦どちらかが終身保険や養老保険を持っていると、いざという時に「解約返戻金」から借り入れができ、それは返さなくても構いません。

要は、新婚といえども、生命保険は既に築きつつある「収入環境」をいかに守り、保障するかということはどの世代とも共通なのです。ですから、新婚のご夫婦におすすめの保険というものは「ない」と思っていただきたいのです。 最近は「ゼクシィの保険ショップ」など、新婚あるいはこれから結婚する予定の「2人の保障を相談できるショップ」が大にぎわいです。こうしたショップや保険相談を積極的に活用して、ぜひ幸せな人生を切り開いてください!

こちらの記事もおすすめ
  • 貯蓄型保険のランキング!一括払いが人気? 貯蓄型保険のランキング!一括払いが人気?
    貯蓄型保険のランキング!一括払いが人気? 資産運用や貯蓄を検討している方へ。保険も手段の一つとして検討してみてはいかがでしょうか?超低金利のこの時代... 11,526ビュー
  • 第一生命保険の種類。口コミで人気 第一生命保険の種類。口コミで人気
    第一生命保険の種類はいろいろ align="left" />第一生命保険は古くから知名度も高い保険会社。様々な保険商品があります。 align="... 2,870ビュー
  • 医療保険の生存祝い金特約とは?メリットデメリットを解説 医療保険の生存祝い金特約とは?メリットデメリットを解説
    医療保険の生存祝い金特約とは?メリットデメリットを解説 医療保険における生存祝い金特約のメリット、デメリット。つけるべきかどうかを見当します 医療保険... 1,980ビュー
  • かつて養老保険という金融商品がお得でした かつて養老保険という金融商品がお得でした
    かつて養老保険という金融商品がお得でした養老保険とは、保障と貯蓄機能の両方が合わさった保険です。養老保険は保険期間が定まっており、例えば30年間の保険... 1,252ビュー
  • 保険外交員が教える、保険で失敗する人の特徴 保険外交員が教える、保険で失敗する人の特徴
    保険外交員が教える、保険で失敗する人の特徴日本では多くの人が生命保険に加入していますが、保険で失敗する人も多いのです。保険で失敗する人の特徴として、ま... 1,039ビュー
  • 医療保険に通院保障特約を付ける必要性はあるのか? 医療保険に通院保障特約を付ける必要性はあるのか?
    医療保険に通院保障特約を付ける必要性はあるのか? 年々進化している医療保険の特約 病気やケガで入院した時には、入院給付金として1... 776ビュー
  • がん保険は損保ジャパンに人気が集まっている? がん保険は損保ジャパンに人気が集まっている?
    がん保険は損保ジャパンに人気が集まっている?がん保険のシェアは圧倒的に外資生保であるアフラックが優勢でした。ところが、最近では日本の損害保険会社が合併... 624ビュー
  • 保険で失敗したという例を挙げてみよう 保険で失敗したという例を挙げてみよう
    保険で失敗したという例を挙げてみよう!ちょっと知り合いの保険会社に勤めている人に自分の保険を見直してもらったときに、保険の失敗例を聞いたので、みなさん... 579ビュー
  • 入院保険のフェミニーヌが非常に人気~ひまわり生命の評判と口コミ、保険料 入院保険のフェミニーヌが非常に人気~ひまわり生命の評判と口コミ、保険料
    入院保険のフェミニーヌが非常に人気になっていますよ!貯蓄の楽しみはやはり「満期」です。無計画に「今月は1万円余ったから定期にいれておこう」ということで... 524ビュー
  • 保険代理店の今後は?2015-2016以降の展望 保険代理店の今後は?2015-2016以降の展望
    保険代理店の今後は?2015-2016の展望。ここ数年の間にショッピングモールで保険代理店(保険ショップ)が随分と増えました。またネットでは保険相談の... 504ビュー
  • 貯蓄型では返戻率が重要になります。 貯蓄型では返戻率が重要になります。
    貯蓄型では返戻率が重要になります。学資保険や養老保険の場合、「返戻率」というポイントで加入するとよいでしょう。銀行の定期預金は「金利」表示が普通で、「... 468ビュー
  • 保険外交員は昔から嫌われてしまう。FPはどう? 保険外交員は昔から嫌われてしまう。FPはどう?
    保険外交員は昔から嫌われてしまう。FPはどう?近所の人を集めて保険の話をしたり、キャンペーンがあれば勧誘をして。最近じゃ、「保険に加入をさせたいんでし... 387ビュー
  • 養老保険の上手な選び方 養老保険の上手な選び方
    養老保険の上手な選び方を紹介します。養老保険とは積立目的の生命保険です。その保険期間は10年15年20年と長期にわたり、その使い方は非常に多岐にわたっ... 350ビュー
  • イオン銀行の保険相談が人気? イオン銀行の保険相談が人気?
    イオン銀行の保険相談が人気?大規模店舗ではイオン銀行の窓口カウンターが置かれ、ここでは保険商品を扱い始めています。クレジット、預金、住宅ローン、電子マ... 344ビュー
  • 女性特有の病気って何がある? 女性特有の病気って何がある?
    女性特有の病気って何がある?女性特有の病気になった場合の保険ってありますよね。乳がん、子宮系の病気は想像しやすいですが、実際に女性特有の病気って何があ... 317ビュー
  • HOME » 保険の知識全般 » 新婚保険のおすすめ。まずは抑えたいポイント

    «
    »